shanti life

心穏やかな人生後半を目指して、今できることを綴っています。

【脱深爪】爪のピンクの部分を伸ばす方法

f:id:may777:20200728163859j:plain

 

深爪やチビ爪だと、縦長のきれいな爪って

憧れますよね?

でも爪の形は生まれつきだし、どうにもならないと思って諦めていませんか?

実は爪のピンクの部分はセルフケアで伸ばせるんです!

私は伸びました!!

f:id:may777:20200729112508j:plain

 左がbefore 右が afterです。

ケアを始めてから半年位で、爪の形が明らかに変わってきました!

ピンクの部分が増えて爪の形も縦長になってきています。

爪のピンク色の部分はネイルベッドと呼ばれています。

 私はもともとネイルベッド が小さく深爪気味でした。

主婦になり、水仕事が増えると気づいたら手も爪もさらにボロボロで愕然としました。

「これは何とかしなければ!」とハンドケアについて調べまくっていたところ

爪の形は努力次第で変えられることが分かったのです。

 ポイントはハイポニキウムです!

ハイポニキウムとは

別名「爪下皮」とよばれるもので、爪と指をくっつける役割をしているものです。

また、爪の間に異物やバイ菌が入るのを防ぐ役割もあります。

爪の裏側を除くと半透明の膜のようなものがあれば、それがハイポニキウムです。

深爪気味ですと、このハイポニキウムは爪裏を覗いても見えないかもしれません。

爪のピンクの部分は下の肌の色が透けてピンクに見えています。

このハイポニキウムを伸ばすことで、爪の透ける部分が増えて、その結果

ネイルベッド の長い美しい爪出来上がるのです。

ハイポニキウムを保護して爪のピンク色を伸ばす方法

 ジェルネイルまたはネイルハードナーで爪を保護

爪のピンク色部分を伸ばすには、第一に爪の保護することが重要です。

私たちは日常生活で知らないうちに爪に大きな負担をかけています。

ハイポニキウムはデリケートなので爪に負担がかかると、すぐに剥がれてしまいます。

爪を固くして保護することでハイポニキウムを早く育てることができるのです。

ジェルネイルやネイルハードナーを使用すると爪の保護に効果的です。

私は両方試しましたが、ジェルの方がより爪を固くできるので、短期間で効果が

実感できました。

ただ、ジェルは肌に合わない方もいますしジェルをやめた後爪がペラペラになって

しまうリスクもあるので注意が必要です。

最近は深爪ケアに力を入れているネイルサロンも多いので、もしジェルの経験が

なければ最初はサロンで相談した方がいいかもしれません。

私も、最初はサロンで相談をして、ケアをしながら参考になる情報もたくさん

頂きました。

大体半年で結果が出ると言われていましたが、私は4か月で結果が出たので

そこからはジェルは卒業して、ネイルハードナーでセルフケアを続けています。 

爪にオイルを塗る

爪にはとにかくオイルです!

オイル命!

爪はとても乾燥しやすいです。

特に水仕事をした後やお風呂に入った後など、水を触った後には油分が奪われ乾燥

のもとになるのでなるべく早くオイルで保湿をしましょう。

オイルの塗り方のポイントは、爪の裏側からオイルを垂らすこと。

裏側から垂らすことによって爪の間にオイルが浸透させることができます。

それから爪全体にオイルをなじませて爪をもんでマッサージをすることで血行も良くなり、爪の代謝も促進されます。

おすすめのオイルは

スパリチュアルのフェアウェル

grown care(グロウンケア)のキューティクルオイルです!

この2つが最強だと思います。

フェアウェルはオイルなのですが、殺菌作用があり、サラサラしています。

grown care(グロウンケア)は、爪を健康に保つための栄養がたくさん入った保湿に適したオイルです。

フェアウェルで爪を清潔に保ち、grown care(グロウンケア)のオイルで保湿すれば完璧です!


 


 

 

爪に負担をかけない

ジェルやネイルハードナーをしていたとしても、爪に負担をかけるのはやめましょう。

例えば、爪でシールを剥がしたり、缶詰の蓋を開けたり…

こういったことを繰り返しているとなかなか爪のピンクは成長しません。

最初は面倒かもしれませんが、すぐに慣れてくると思います。

爪は道具にせず、やさしく扱ってあげてください。

 そして、爪を切る時は絶対に爪切りは使わないこと。

爪切りは思っている以上に爪に負担を与えています。

必ず爪やすりを使用することが大切です。

こちらも慣れてしまえば短時間で終わりますし、爪の形もキレイに整えることが出来ます。

 育爪の本

「育爪のススメ」という本がオススメです!

こちらはジェルやマニュキア等に頼らず、爪を健康に美しく育てるネイルケアを紹介していて、参考になる情報がたくさん詰まっています。

私も今は基本的にはジェルはせず、こちらの本を参考にハンドケアを行っています。

本来は爪には何も塗らない方がいいのだと思うのですが、私は爪が薄いのでネイルハードナーは塗っています。

飾る爪から きれいな自爪へ 育爪のススメ [ 嶋田美津惠 ]

 まとめ

ネイルベッド を伸ばす方法

 ◆ジェルやネイルハードナーで爪を保護

(ジェルが手っ取り早いが、セルフネイルは爪を痛める可能性もあるので注意が必要)

   ↓

◆とにかくオイルで保湿

   ↓

◆日常生活でなるべく爪に負担をかけない

 

これで爪のピンクの部分は伸びてくると思います!

参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。