shanti life

心穏やかな人生後半を目指して、今できることを綴っています。

大人ニキビの治し方

 

f:id:may777:20200724150834j:plain

ニキビは思春期時代の悩みであり、大人になったら関係ないと考えている方は多いの

ではないでしょうか。

私も10代は、Tゾーンのニキビに悩まされていましたが20歳を超えたころからは

すっかりその存在すら忘れていました。

しかし、30歳を過ぎて突然、

大量のニキビに悩まされることとなりま

した。

 

 

顎(あご)ニキビが大量発生

30歳を過ぎた、ある日のこと。

顎にニキビが1つ現れたのです。

その時期は職場の環境が変わり、ストレスがか

なり溜まっていたと思います。

この年でニキビができてしまったことに驚きましたが

いつも通りの洗顔で薬も使わず放置していました。

すると、次の日からニキビが増える一方で、

口周りがあっという間にブツブツに…。

外出するのもうんざりなほどでした。

 

大人ニキビの原因

10代のニキビは皮脂の多い鼻やおでこなど

Tゾーンにできることが多いですが

大人ニキビは主に顎や口周りなどのUゾーンに現れます。

20代、30代でニキビにお悩みの方は、この

大人ニキビである可能性が非常に高いです。

 思春期にできるニキビは顔の皮脂の分泌量が

多いことが原因であることがほとんどです。

対して、大人ニキビは皮脂の分泌だけではなく、ストレスや睡眠不足、

ホルモンバランスの乱れが原因だと言われています。

 特に女性の場合は30代を超えるとホルモンの

分泌量が減少していくのでバランスが乱れやす

くなります。

このことが、大人ニキビの大きな原因となって

しまいます。

大人ニキビに効果があったこと

①皮膚科の薬

大人ニキビがひどくなったら、

まずは皮膚科です!

私の場合ゼビアックスという塗り薬を処方して

もらいました。

この塗り薬は既に出来てしまったニキビを治す

のにはとても効果がありました。

ただ、新しいニキビが出来にくくなるといった

印象はなく、あくまで今あるニキビを撃退する

ものといった印象でした。

 

洗顔と保湿の見直し

新しいニキビを根本から出来にくくするために

は、肌の水分バランスがとても大切です。

大人ニキビの場合、皮脂が原因なわけではない

ので、ニキビ用の皮脂をとりすぎてしまう洗顔

料を使用するとかえって悪化することが多いで

す。

私の場合も、10代の時愛用していたクレアラ

シルやアクネケア化粧品を使用したら悪化しました。

皮膚科の先生からも油分は落としすぎない方が

良いとのアドバイスを受けたので、大人ニキビ

に効く洗顔料と保湿化粧品を徹底的に調べて試

してみました。

皮脂を落としすぎず、ベタベタしすぎないもの

を探すのは中々大変でした。

色々試してみましたが、私の場合1番効果があ

ったものが

Nov(ノブ)のACアクティブシリーズでした。

トライアルセットが安かったので試してみたの

ですが、これが大当たりでした。

大人ニキビ用に作られた商品なので過度に肌の

油分が奪われることもなく、皮脂バランスが整

えられえいくことが実感できました。

皮膚科の薬と、NovのACアクティブのケアで

徐々にニキビ量を減らすことができました。

 

 

③化粧品を全てノンコメドジェニックにする

「コメド」とはニキビのもとになる角栓を意味

しています。

ノンコメドジェニックとはニキビのもとが出来

にくい原料で作られている化粧品のことです。

化粧品のパッケージに「ノンコメドジェニック

テスト済み」と記載のある商品は

ニキビが出来にくい商品なので、なるべくすべ

ての化粧品をノンコメドジェニックに変えるこ

とをおすすめします。

上記でご紹介したNOVの化粧品もノンコメド

ジェニックテスト済み商品です。

 私は日焼け止めやファンデーション等もすべて

ノンコメドジェニックに変えましたが

このことが、ニキビの再発防止に役立ったと思っています。

 まとめ

f:id:may777:20200724151956j:plain


大人ニキビの対策としては、

皮膚科の治療薬で今あるニキビを撃退

      ↓

洗顔料や保湿を見直してニキビの出来にくい肌を作る

      ↓

化粧品をノンコメドジェニックに変えて再発防止

 

これが大人ニキビ完治への近道かと思います。

 

大人ニキビは、そもそもストレスを溜めないこ

とが大切です。

でも、大人になると仕事だったり人間関係だっ

たり、ストレスを排除するのはなかなか難しい

ですよね。

ニキビがあると、余計なストレスも増えてしま

うので、まずはできることから対策をとってみ

てください。

私の経験が誰かのお役に立てれば幸いです。