shanti life

心穏やかな人生後半を目指して、今できることを綴っています。

やっぱり美肌効果があった!酒粕と米麹の甘酒

f:id:may777:20200804155011j:plain

30代後半ともなると肌の悩みが増えてきますよね。

最近、毎日自分の顔が変わっていくようで恐ろしいです(^_^;)

今私が一番気になるのは、シワと肌のくすみ・・・。

紫外線対策や保湿など、気を付けてはいるのですが、中々良い化粧品も見つかりません。

そんな時、友人から米麹を頂きました。

友人は米麹で甘酒を作って毎日飲んでいたところ、肌の調子が格段に良くなったそうなのです。

最近、甘酒ブームなのは知っていましたが、米麹から作られていることすら知らなかった私。

でもそこまで肌に良いならチャレンジしたいと思い、甘酒についてとことん調べてみました。

スーパーの店頭やネット等でも様々な種類の甘酒が売られていますが、実は甘酒には酒粕甘酒」「米麹甘酒」の2種類のタイプがあります。

私は今、2種類の甘酒を毎日飲むようになったのですが、それぞれ味も効果も違います。

今回は2つの甘酒の特徴や効果をまとめてみました!

 

 

 

酒粕甘酒と米麹甘酒の違いとは

酒粕甘酒は日本酒を作る工程で生まれる絞りかすである、酒粕をもとに作られています。

冬に神社やお寺などで、温かい甘酒が配られることがありますが、それが酒粕甘酒です。

酒粕にはアルコールが含まれているので運転前や妊娠中の方は注意が必要です。

 一方、米麹甘酒は蒸したお米に麹菌を付着させて発酵させた米麹を原料に作られています。

米麹は日本酒作りや味噌、醤油を作る時に使われている発酵食品です。

一般的に「飲む点滴」と言われているのは米麹甘酒です。

米麹甘酒にはアルコールが一切含まれていないので、妊娠中やお子様も安心して飲むことができます。

 

酒粕甘酒の特徴・効果

 肌のハリがアップ

酒粕には肌の弾力に欠かせないコラーゲンを増やす物質である「a-EG」と呼ばれる物質が含まれています。

この「a-EG」は過熱しても成分が壊れることはないそうです。

そのため、酒粕甘酒を飲み続けると肌のコラーゲン量が増えて肌のハリがアップします!

冷え改善

冬に酒粕甘酒を飲むと体がポカポカしてきますよね?

それは酒粕に含まれているアミノ酸とペプチドの効果だと言われています。

この2つの成分が血流をアップさせて体を温めてくれるのです。

夏場でも冷房による冷えから体調を崩してしまう方が増えています。

酒粕甘酒は冷え性改善にも一役買ってくれます。

酒粕甘酒は、アルコールが入っているのでお酒の香りと風味が強いです。

日本酒等が苦手な方は飲みにくいと感じるかもしれません。

また、もともと甘みはないのでお好みで砂糖を足して作るので甘さは調節できます。

 

米麹甘酒の特徴・効果

 肌の潤いがアップ

米麹甘酒は米麹を発酵させて作ります。

発酵の過程で「グルコシルセラミドという成分が生まれます。

この成分がは肌のバリア機能をアップして、水分量を高めてくれる働きをしてくれます。

米麹甘酒を飲み続けることによって、シワの大敵である乾燥から守ることができるのです。

 

飲む点滴で免疫力アップ

米麹甘酒には、疲労回復に効果のあるブドウ糖やビタミンB群などの栄養素が含まれています。

特にブドウ糖は人間が体を動かすときのエネルギーとなるものなので、疲労にスピーディーに効いてくれます。

また、オリゴ糖レジスタントプロテインという成分が腸内環境を整える役割を果たしてくれるので、便秘解消の効果も期待できます。

腸内には免疫細胞が集中しているので、腸内環境の改善すると免疫力にアップにつながります。

米麹甘酒が「飲む点滴」とよばれるのもうなずけますね。

米麹甘酒は、米麹と米から作られているので、酒粕甘酒のようにアルコールの香りはしません。

また、砂糖は一切加えなくても発酵の過程で甘みが出てくるので、米麹甘酒独特の自然な甘みを味わうことが出来ます。

水分量にもよりますが、食感はお粥のようにトロトロとしています。

アルコールが苦手な方やお子様でも美味しく飲んでいただけると思います。

 

甘酒の飲んでみて実感してること

2種類の甘酒を毎日コップ1杯分ずつ飲む生活を2か月続けてみました。

一番の変化があったのは肌の調子です。

シワやくすみが気になる毎日でしたが「肌の調子が明らかにいい!」と気づく瞬間がありました。

デパートなどで化粧品を買うときに水分量やキメをチェックして頂いてるのですが、

前回チェックしたときより20%も水分量がアップしていてキメも整っていると言われました!!!

「水分量に関しては100点ですよ~」とまで言われてかなり嬉しかったです。

恐るべし甘酒の効果

あとは、便秘解消や冷え改善の効果も実感できました。

免疫については確実にアップしてるのか不明ですが、腸内環境や冷えは病気のもとなので、それが善くなっているということは、体調にも良い影響を与えてくれているのだと思います。

まとめ

◆肌のハリやキメを整えたい方

 冷え性にお悩みの方

       ↓

   酒粕甘酒がおすすめ

 

◆肌の乾燥、シワにお悩みの方

 疲労回復・免疫アップしたい方

       ↓

   米麹甘酒がおすすめ

 

それぞれの甘酒で得意分野が違ってくるので、ご自身のお悩みに合わせて使い分けると良いと思います。

もちろん両方飲むのもオススメです。

ただ、どちらの甘酒も飲みすぎるとカロリーオーバーになる可能性があるので、注意が必要です。

1日コップ1杯程度にしておくと良いと思います。

飲みすぎには注意して甘酒ライフを楽しんでみて下さい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^^*)